11月 12 2013

冷え性を改善するならハートアンドビューティ

私は若いころから冷え症がひどいのでそれが悩みの種になっていました。

医師からも冷えの対策をするように言われていたのですが、日常生活で取り入れるには結構難しいです。

私の場合、家で仕事をしているのですが取り掛かる時間は変わらないです。そのため、メニューを考えたりするのも正直面倒な所があります。

そこで、ハートアンドビューティのウォーミングメニューを活用しています。これは、主にマッサージやマシンを受ける際にその効果を更に高める為に使用されているのですが、私のように冷え性で悩んでいる方も多く利用していますよ。

このウォーミングメニューには、よもぎ蒸し・イオンパック・サーモジュール・ゲルマニウム温浴・コンセラン等があります。

一部の店舗では取り扱っていない所もあるのですが、よもぎ蒸しとイオンパックは全店舗共通です。

ちなみに、本場韓国でもよもぎ蒸しは不妊の方がよく利用しているという話を聞きましたので、私はもっぱらよもぎ蒸しを利用しています。

子宮から、そして内臓までゆっくり温まりますのでじわっとその熱が体に伝わるような感じがして、とっても気持ち良いんです。

実際に、今は冷えもかなり改善されてきましたよ。また、冷え性が良くなってからは実際に生理周期も整って来ました。

今のエステサロンは、痩身やフェイシャルだけの為に通うのではなくて、健康にも良い効果がたくさんあるのが嬉しいですね。

私の周りには他にも不妊で悩んでいる友人がいるのですが、ハートアンドビューティのウォーミングメニューをお勧めしてみたところ、やはり冷え性が改善したと言っていました。勧めた私としても嬉しいですね。

ちなみに、1回3,000円から受けられるコースが多いです。そのため、私はよくフェイシャルコースのついでに行う事が多いですね。

例えば、痩身のメニューを行う際にも効果が上がりますので事前にやる事をお勧めします。しかし、単純に冷え性を改善したいという場合にも利用可能ですよ。

10月 17 2013

情報起業はビジネスアイディアで成功できる

情報起業はインターネットビジネス初心者でも参入しやすい業界として知られています。その理由はいたって簡単。ホームページにSEO対策や難しいリスティング広告を掲載する必要がないからです。


商品を売ろうと努力するのはアフィリエイター。私の場合もそうですが、商材を作成するだけの熱量があれば売上を出すのはそこまで大変なことではないのです。ここで、情報起業を行う時に少しだけ注意点があります。


インターネットビジネス初心者の中には、すべての作業を自分でやってしまおうと考える人もいます。これが挫折の原因でもあり、モノが売れない理由でもあるのですが、自分で情報起業しようとするとかなりの労力を要します。


たとえば、WEBデザインを作成してhtmlを自分でコーディングしなければなりませんし、その内容となるセールスレターも執筆しなければなりません。これらは商材の販売力に直接影響してくるものですから、クオリティが求められる部分です。


しかし、初心者が0から始めても時間の割にクオリティが上がるものではありません。これらは外注してしまうのがベターです。商材の中身はどうでしょうか。


私の場合、一言では他人に伝えづらいノウハウばかりでしたので自力で作成した方が早いと考えていました。もちろん、サラリーマンということもあってサイト制作には時間を費やすことが難しかったという面もありますが、初期投資の資金には多少の余裕がありました。


そこで、情報商材の中身は自分で作成し、その他の部分については外注することにしたのです。幸い、安価で引き受けてくれるライターさんと出会う事もでき、情報商材の販売に成功したということなのです。


実はこういったアイディアはアウトソーシングにおいてよく使われています。私の会社でも物流部門を外注したところ、トータルの利益率が上がった為にこのアイディアを応用したのです。


このように、ビジネスに関するノウハウが多少でもあれば、情報起業が成功する確率はグンと高まります。


10月 08 2013

情報起業はブランド作りが大切

情報起業における最大のメリットは「仕入れコストが必要ない」ということは別の項目でも触れました。


しかし、情報起業のメリットはそれだけではありません。独立したてあるいは独立を希望している人が、ブランド・実績作りを行う場合にも最適な方法なのです。


情報起業は非常にローリスクなビジネスです。コストが必要ないだけでなく、ケースによっては広告費を支払わなくても販売実績が上がる可能性もあります。


大手の情報商材販売サイトを利用すれば、アフィリエイターたちが自分で制作した情報商材を勝手に宣伝してくれます。


もちろん、アフィリエイトの報酬は支払わなければなりませんが、成果報酬制を採用していますから、売れない限り広告費は必要ありません。この時、自分のサイトにSEO対策を行う必要もありませんから、労力も最小限で抑えられるというメリットがあるのです。


私の場合、こうしたサイトを利用して情報起業においてアフィリエイターとの連携を重視するようにしました。


最初に販売した商品は定価500円で、しかも、100%をアフィリエイターの報酬としました。価格的には安価な情報商材でしたが、むしろ、そのおかげでリストを集めることもできましたし、アフィリエイターの中でも名前が知れ渡ったのです。


そうして2回目に発売した情報商材は定価59,800円を割引価格49,800円としたものです。皆さんはかなり高い価格だと思われるかもしれません。しかし、最初に販売した商材で期待以上の満足度を与えた私は、ある程度の実績・ブランド力を有しています。


そこで、前回購入してくれた顧客にメールマガジンを送付したりアフィリエイターにブログやサイトで広告してもらったりという手法を取ったということなのです。こうした努力を積み重ねた結果、商材が1,000本売れるという異例の大ヒット。


仕入れコストが0円の状態ですから売上については想像できるでしょう。このように、上手なブランド構築方法を用いて情報起業に成功したということなのです。


10月 03 2013

詐欺商材と言われない為の情報起業

情報起業において、商材の内容が詐欺であると思われることは注意しなければならないポイントです。もちろん、言い方は悪いのですが、一回売って逃げようと考えているのであれば商材の品質は必要ありません。消費者心理を煽るホームページさえ作成してしまえば、詐欺として成立するからです。


もちろん、これは情報起業と呼べるものではありません。また、実際に情報起業をしてそれなりに価値のある商材だとしても、値段と釣り合わなければ詐欺扱いされてしまうもの。


つまり、情報商材は値段に見合うものになるよう、誠実に作り込む必要があると言えるでしょう。情報起業において、商材が書店で売っているものと同等あるいはそれ以下のレベルであることは、詐欺商材とみなされてしまう原因の1つです。


この点を解消できるような商材作成が求められるでしょう。私の体験談になってしまいますが、書籍では決して書かれていないような私の体験談を書くとともに、90日間のサポートシステムを付けました。


もちろん、普段はサラリーマンとして働いている身でしたから夜しか対応できませんでしたが、それだけでも普通の書籍とは違う特色が出せるのです。


ちなみに、今はSEO対策のルールも大幅に変わってきているので制作した情報商材自体は価値がありません。


しかし、この時に培ったビジネスノウハウをもとに情報起業をしたのです。ビジネスに成功する為のノウハウは不変と言っても良いでしょう。


多くの消費者が求めているものはビジネスのやりかた。しかし、実際に必要なことは方法自体を教えるのではなく、「どうしてそういう行動を取ったのか」という点にあります。


つまり、「貧しい人には魚を与えるのではなく魚の釣り方を教える」ということです。一時的なノウハウを獲得するよりも、ビジネスマインドを体得した方がより有意義だということは認識しておくべき事項でしょう。


情報起業を検討する時、このような点を理解しているだけでも詐欺商材というレッテルを貼られるか否か、大きく変わると思います。


9月 17 2013

情報起業のコンテンツはどこにでもある

雑誌であれ小説であれ実用書であれ、文章を読むことが好きな人は多いでしょう。


もちろん、娯楽として読んでいる方も多いと思いますが、人間は退屈に耐えられない生き物であると同時に、自分の欲求を満たしたいと考えている生き物。つまり、コンテンツを求めているのです。


情報起業とは、いわばコンテンツビジネス。誰かに自分だけが持っているノウハウを教えることが仕事なのです。


コンテンツと言っても身構える必要はありません。すべての人が異なる人生を送っています。つまり、自分が経験していることは他の人がどうしても知りたいことである可能性は高いのです。


たとえば、犬を勝ったことがない人からすれば「犬の飼い方」は有意義なコンテンツとなります。犬を飼ったことがある人からすればしつけの方法や散歩の目安など、当然のことのように思っていることが、誰かにとっては喉から手が出るほど知りたいコンテンツである可能性はあります。


人間が関心を持ちやすいテーマとしては、お金を稼ぐ方法、コンプレックスを解消する方法といった切実なものが中心です。


株式投資やFX、アフィリエイトビジネスといったお金の稼ぎ方、ダイエットや育毛、モテないといった悩みの解消法は情報起業の中でもヒットしやすいコンテンツ。


言わずもがな、多くの人が真剣に考えている分野だからです。私が成功を収めたコンテンツは、インターネットを利用した情報起業そのものをテーマにしました。テキストだけでなく、スマートフォンを利用して自分で撮影したセミナー動画をいくつもアップロードしました。


動画がある方が消費者の反応も良いからです。自分のノウハウをコンテンツにまとめた情報起業は、要するに自費出版による作家デビューと言っても良いかもしれません。


しかし、私のように一人のサラリーマンの人生を変える可能性もあります。毎日2時間掛けて通勤していた人生からも別れ、毎日好きなように生活をしています。情報起業の材料となるコンテンツさえ用意すれば、明日が大きく開かれる可能性も少なくないのです。


9月 08 2013

情報起業はコストが段違いに安い

情報起業について皆さんはご存知でしょうか。いわゆる情報商材という形で数多のノウハウが世間を騒がせていますが、成功者のノウハウやツールをCDやDVD、あるいはPDF形式の書籍、プログラミングデータとして販売するという手法です。

情報起業のメリットはコストがほとんどかからないという点にあります。ノウハウを生み出すまでに発生した時間的コストやツールの開発に費やした金銭的なコストは、莫大な金額だったというケースもあるでしょう。

しかし、情報商材に必要なコストは基本的に1つ目を制作した時のみです。もちろん、CDやDVDといった媒体にコストは発生しますが、PDFやMP3といったデータファイルの状態である限り、在庫を抱えたり追加生産を行ったりする必要がないのです。

インターネットおよびIT化の進む昨今、情報起業が手軽かつ大きく稼げる手段として爆発的にヒットした理由はここにあります。つまり、ノウハウやツールを作る費用さえあれば無限に販売することができます。

たとえば、工場のように製造コストがかかることもなければ輸送コストや人的コストも発生しません。実は、私も情報起業によって収益を得ている一人です。要するにインフォプレナーと呼ばれる職業なのですが、かなりのローコストで起業に成功した身なのです。

私の場合、とあるインターネットで稼ぐノウハウを販売しました。かかった費用は販売用ホームページの制作費用のみ。

中身のテキストは私自身が打ち込んで作ったものですし、コストという意味では時間的なコスト以外はほとんどタダで作れてしまいました。つまり、原価は0円。かつて私は工場の経理として働いていたのですが、当然のように製造量が増えると原価の合計も増えていきます。

つまり、利益の割合は一定ラインを超えることがないのです。しかし、情報起業の場合、製造にかかるコストはありません。つまり、一度作ってしまえば、売れば売っただけ利益が出るということなのです。この点を理解すると、情報起業の魅力に気付くはずです。